ブログをやっていれば、たくさんの人に見てほしい、できればSNSでシェアして欲しいと思いますよね。もちろん、SNSでシェアしてもらえるハードルはかなり高いですが、記事内にそういったボタンがあれば、そのハードルは少しは下がります。

今回はそんな、SNSのシェアボタン・いいねボタンを投稿に表示させるプラグイン「AddToAny Share Buttons」で、FacebookやLine、Google+などのSNSボタンを簡単設置してみましょう。

AddToAny Share Buttonsで掲載できるボタンの種類

これは一部のボタンです。まだまだ、下に続きます。

AddToAny Share Buttonsは大量のボタンを選んで追加することができます。日本人に嬉しいLine・はてなブックマークもあります。たかが、SNSボタン、されどSNSボタン、とても高機能なプラグインです。

まずは「AddToAny Share Buttons」をインストール

何はともあれ、AddToAny Share Buttonsをインストール・有効化しないことには始まりません。

【WordPress初心者向け】プラグインのインストール・有効化の方法

AddToAny Share Buttonsを設定して投稿に表示する

インストールして有効化したら、次は設定です。WordPress管理画面の「設定 > AddtoEny」から設定ができます。

画面はこんな感じになっています。「サービスの追加/削除」からボタンを選択していきます。
画面はこんな感じになっています。「サービスの追加/削除」からボタンを選択していきます。
  • アイコンサイズ:32pxが初期設定ですが、私はこのままにしました。
  • スタンドアロンボタン:自分の使いそうなサービスを選択して下さい。
  • ユニバーサルボタン:ここに並べたボタン以外もクリックで表示することができます。
  • シェア・ヘッダー:ボタン上に文書を追加できます
  • ブックマークボタンの場所:どこに表示させるかを選べます

それ以下の項目はこだわってカスタマイズする人向けです。例えば、CSSを追加できたり、Javscriptを追加できたりできます。

設定が終われば、最後に「変更を保存」ボタンをクリックします。

ちなみに、私はユニバーサルボタンは必要なく、Facebook・Twitter・Google+・Lineを追加してみました。ボタンの位置は、投稿のみ上下に追加しています。

ちゃんとSNSのアイコンが表示されています。苦労なくSNSのシェアができるのは助かります。

他にも機能は山盛り

プラグインを有効化すると管理画面の記事編集画面に「シェアボタンを表示する」というチェックボックスが表示され、記事毎に個別設定も可能になります。

それ以外にも、「floating」という、SNSボタンが固定位置にとどまる機能を追加することができます。