プラグインはテーマと並んで、WordPressの主要な機能です。テーマが外見の変更をするのに対し、プラグインはWordPressの機能を変更・追加します。今回はそんなプラグインのインストールして有効化する方法をWordPress初心者の方でも、理解できるように解説していきます。

WordPressのプラグインをアップする方法は3つ

WordPressのインストール方法は三つあります。まずは、WordPressの「プラグイン->新規追加」をして、プラグインを検索して追加する方法です。もう一つは、Zipファイルをアップロードする方法です。残りのもう一つの方法は、FTP接続をしてファイルをアップロードする方法です。

通常は「プラグイン->新規追加」から検索をして有効化するのが一番手っ取り早く簡単ですが、自作プラグインだったり、購入したプラグインの場合、「.zipファイルをアップ」「FTP接続してアップ(今回の記事では割愛しております)」しかありません。

プラグインを検索してインストール

これが一番簡単なプラグインのインストール方法です。

プラグインを検索してインストールする
プラグインの新規作成項目をクリックすると、プラグインが一覧されます。

まず、WordPress 管理画面の左メニューから「プラグイン > 新規追加」をクリックして下さい。そうすると、プラグインの検索画面になります。

特定のプラグインが探したい場合は、「プラグインの検索」と書かれている入力欄からプラグインを検索して下さい。

2回クリックするだけで、プラグインがインストールできる

インストールしたいプラグインが見つかったら、「今すぐインストール」ボタンをクリックするとインストールが始まります。WordPressのプラグインはインストールするだけでは使えません。

インストールが終わったら、同じ場所のボタンが「有効化」ボタンになります。クリックすると、機能が使えるようになります。

プラグインをZipファイルでアップロードしてインストール

有料で買ったプラグインはファイルをアップロードしないといけません。Zipファイルのアップロードは先程のように検索するより難しそう…と思われますが、実際はとても簡単です。

プラグインのアップロードボタンを押すだけ

「プラグインのアップロードボタン」を押して、Zipファイルを選択してやるだけです。こちらもアップロードが完了すると「プラグインを有効化」という青いボタンが表示されるので、クリックして有効化します。

プラグインをFTPでアップロード

こちらはそれでもアップロードできない場合に使って下さい。アップロードする際は、pluginsフォルダにディレクトリごとアップロードします。

ホームページ制作が仕事だったりする人は一般的にこの方法を使っていますが、上記2つの方法を使う方が初心者にとっては便利ですし、不要なトラブルを避けられます。