WordPressの投稿には「カテゴリー」と「タグ」の2つの分類方法があります。この2つには実は大きな違いがあって、活用の仕方やアイディア次第で、読みやすくなったり、他の関連記事に興味を持ってもらえたりして、ユーザーの滞在時間向上を繋げることが可能です。

カテゴリー

カテゴリーは親子関係がある
ケーキというカテゴリーの中に、ショートケーキやモンブランというカテゴリーが入っており、親子関係があります。

カテゴリーは親子関係がある筋の通った分類

カテゴリーには親子関係があります。親子関係というのは図のように、ケーキの中に分類されるショートケーキ、モンブラン、ロールケーキなどのカテゴリーは、親:ケーキと子:ショートケーキというカタチで分類されます。

カテゴリーショートケーキに入る記事は、ショートケーキのことを書いていながらも、ショートケーキはケーキなので、大枠としてはケーキのカテゴリーにも含まれます。

タグ

悲し話・嬉しい話・仕事の話には親子関係がありません。
悲し話・嬉しい話・仕事の話には親子関係がありません。

タグは親子関係のない自由な分類

次にタグですが、タグには親子関係はありません。例えば、上の図のように、悲しい話と嬉しい話には親子関係は結べません。こういった場合はタグを使います。

カテゴリーとタグを合わせて使う

カテゴリーとタグを合わせて使う場合、例えば以下の図のように「ケーキ」というカテゴリーにショートケーキに分類された記事に、「大人の味」「一番人気」というタグを付けます。さらに、ロールケーキというカテゴリーに分類された記事についても「大人の味」というタグを付けています。

カテゴリーとタグを合わせて使う
ケーキ内のショートケーキカテゴリーにある記事には「大人の味」「一番人気」のタグを付ける。

カテゴリーやタグの構造をイメージする

こういったカテゴリー・タグ構造を作ることで、ショートケーキで一番人気な商品、大人の味の商品を分類問わずなど、ユーザーがより記事を探しやすくなるはずです。

ユーザーに親切な分類にするためには、しっかりと筋の通った分類を心がける必要があります。特にWordPressの場合は、カテゴリーを変更してしまうとアドレスが変わってしまうので、良くありません。カテゴリーを決めるのはじっくり考えてから決め、ユーザーのためになる分類を心がけましょう。