WordPressで記事を書こうと思った時、「投稿と固定ページ」という2つの項目があると思います。どちらに何を書くのが正しいのか、初めてWordPressを使う方はちょっと戸惑うかもしれません。

実はこの2つ、結構大きな違いがあって、適した方法で使わないと閲覧者を混乱させてしまったり、SEO上良くなかったりします。今回は、WordPressの投稿と固定ページの違いを解説して、どちらをどのように使ったら良いかをご説明します。

投稿はブログ記事、固定ページは「会社概要」など

まずは結論から簡単に言うと

・投稿:「ブログ記事」「ニュース記事」など
・固定ページ:「このサイトについて」「会社概要」「お問合わせ」など

のように扱うと良いです。

何故、投稿で「会社概要」などのページを書かないのか?

何故、投稿で「会社概要」「お問合わせ」などを書いたりしないのかですが、投稿と固定ページでは、性質が異なります。

投稿と固定ページの性質の違い

WordPressは投稿と固定ページを、わざと一長一短を付けて、機能を分けてあります。そうすることによって、ユーザーがコンテンツを分類しやすかったり、適したページ構成を組むことができ、検索エンジンに上手に内容を理解してもらえます。

投稿

  • アーカイブ(一覧機能)される
  • カテゴリーと親子関係がある
  • タグでグループ分けできる
  • 投稿日時が重要視される
  • RSS配信される

固定ページ

  • アーカイブ(一覧機能)されない
  • 固定ページごとに親子関係を作れる
  • 投稿日時を重要視しない
  • RSS配信されない

が投稿と固定ページの違いになります。

例えば、「このサイトについて」というページを作ったとします。このサイトについてに日時関係は不必要で、ずっと必要なページです。また、これが日記などと一緒に一覧に表示されてしまっては、ユーザーを混乱させてしまいます。

これを更にまとめると、

投稿は一覧されたり、分類できたり、日時が重要視されるので日記やニュースを書くことに適しています。一方、固定ページは分類できないし、投稿日時を重要視しない作りになっているので、独立したページを作るのに適しています